女性専用:性感マッサージ体験記

女性専用性感マッサージの体験記です。

№20 エロエロなお兄さんに弄ばれる

今回は、ある意味番外編です。

 

私が今まで受けてきた性感マッサージのセラピストさんとは全然タイプが違う、Kさんという方でした。

Kさんのことを、どこのサイトで知ったのかもう忘れましたが、何かのサイトに感想が書かれていたのがきっかけです。

 

書かれていた内容は、拘束をされながらの言葉攻めと性感マッサージが織り交ざる感じでした。

 

今思えば、こんな危ない人にお願いするなんて、当時の私は一体どうしたの??

と思ってしまいますが、多分この人は安全だろうな。という見方をしていたんだろうなと思います。

 

というわけで、予約をして初対面の時。

ジーンズにポロシャツのラフな格好で現れたKさん。

見た目はどこにでもいそうな普通のお兄さんでした。

 

話しぶりも全く普通で、拘束や言葉攻めをするような人には全く見えませんでした。

私が予約したのは、拘束もナシ、言葉攻めもナシ、いわゆる性感マッサージ90分のみです。

私はSMには興味はありませんし、言葉攻めで感情が動かされるようなMでもありません。

 

ホテルに入ってからは、興味本位でKさんの武勇伝?を根掘り葉掘り聞き出そうとしましたが

初回だからか、なかなか教えてくれませんでした。

 

こんな見た目が全く普通の男性が、SMに興じているなんて不思議ですとお伝えすると

本当にSMにハマっている人ほど、見かけでは分からないような人ばかりですよと。

 

うーん、そうなのか・・・

 

「私は性感マッサージが大好きな女性に見える?」と逆にお聞きすると、

確かに僕と同じで「そうは見えないですね」だって(笑)

 

マッサージ開始前にシャワーを浴びます。

私が体を洗っていると、Kさんがいきなり浴室に入ってきました!

普段の私なら大声で叫んでしまうと思いますが、なぜか大笑い。

 

澄ました顔で「じゃあ体を洗いましょう」と持参された体に優しいという石鹸で

身体を泡だらけにされ、

おっぱいをブルンブルン。

アソコをクチュクチュ。

と洗ってくれました。

 

まだマッサージも始まってないのに、敏感なところをいきなりこんな形で触られるとは・・・・

今まで受けてきたマッサージの流れとは全然違うギャップに、戸惑います。

でもこれを素直に受け入れてしまう自分が不思議でした。

 

で、やっとマッサージ開始です。

整体マッサージのように、筋肉をほぐしてもらいながら徐々に性感に移ってゆきます。

性感はオイルではなく、パウダーを使用したソフトタッチでした。

 

前回の記事で書いたTさんのアダムタッチに似た感じですが、

いわゆるソフトタッチは、オイルではなくパウダーの方がゾクゾクくるような感じです。

 

Tさんのオプションメニューにあった、オイルとろとろトリートメントのようにオイルにまみれるような感覚と、

Kさんのパウダーを使ったソフトタッチが混じり合うと、私個人的にはもっと感度が高まるかなとも思いました。

 

仰向けの状態で、乳首や腰、下腹部、そけい部、太ももなどをゆっくりとタッチされていると、

アソコからはじんわりと愛液が出てくるのが分かります。

Kさん顔をチラッと見てみます。

 

ニヤニヤしていました。

ホントにエロそうな顔!

普通ならキモッ!と思いそうですがね(笑)

 

そんなタッチを1時間くらいされたでしょうか。

 

Kさんは、私に四つんばいになりお尻を高く上げるように指示をします。

恥ずかしながら言われた通りにすると、パウダーを使った指でアナル周辺を執拗にタッチしてきます。

 

乾いたタッチが続くかと思えば、ぬるっとしたタッチも。

それは私の愛液がお尻に流れたからだなと思うと、さらに恥ずかしくなります。

 

アナル周辺をサワサワ、ツンツンしているうちに、徐々に指先が中に入ってきそうになります。

私はギュッと締めたのですが、力が抜けた一瞬を見逃さずに指がすっと入ってきました。

 

アナル処女だった私でしたが、何か苦しいような怖いような、それでいて気持ちいいような・・・・

こんなことまでされるとは思ってなかったのですが、受け入れてしまった私は一体どうしたの?

という気分でした。

 

後でKさんに「もしかして指の根元まで入れました?」と聞くと

「いやいや、第一関節までですよ」と。

じゃあ本当に指の根元まで入れられたら・・・・

怖いです(笑)

 

マッサージ終了後、くつろいでいると

「おっぱい大きいよね」と横から触ってきます。

 

「いや」と逃げると

「もっと触らせて」と言って追いかけてきます。

 

高校生のカップルみたいでした(笑)

 

ホテルを出て、駅でさよならする際も

「じゃあまた来てね」と言いながら、公衆の面前で、

お尻をペロンと触り、

胸にスローなパンチを伸ばしてきました。

その様子を見ていたお爺さんが、立ち止まって私をガン見していました(笑)

 

最後の最後までエロいKさん。

普段の私なら一発でさよならですが、なぜか許せてしまう雰囲気があったんですよね。

性感マッサージを受けに行ったというより、単にエロい男に弄ばれた一日でした。

 

Kさんにはもうお願いすることはないと思いましたが、ある意味刺激的な方でした。

 <div id='inner_space'></div><script type='text/javascript' src='//blogparts.blogmura.com/pts/js/parts_view.js' charset='UTF-8'></script><script type='text/javascript'>parts(1563672,"FFFFFF","200","001eff",600000,"130","5179","outrank","http://seikan.hatenablog.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");</script>